ヘリコバクター・ピロリ

(サイエンス)
へりこばくたーぴろり

Helicobacter pylori
胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられている菌。強酸性の胃の中でほかのほとんどの細菌は死滅してしまう中、まわりをアルカリ性にして酸を中和しながら生き続けている。このピロリ菌が出す毒素によって胃の粘膜が刺激され、炎症を起こして潰瘍をつくると言われている。
螺旋状(ヘリコ)の細菌(バクター)で、胃の出口付近の幽門部(ピロリ)に好んで住み着くためこの名が付けられた。
ピロリ菌。


「クター」と「ロリ」に誤爆するのでキーワードとします。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ