ヘンゾ・グレイシー

ヘンゾ・グレイシー

(スポーツ)
へんぞぐれいしー

総合格闘家、柔術家。

グレイシー一族の一人で、ヒクソンやホイスらとは、いとこに当たる。
ハイアンの実兄。系流的にはバッハ・グレイシー柔術の流れとなる


一族の中では比較的早くVTに参戦し、いち早く柔道の銅メダリストと対戦しKOしている。
PRIDE-1にも出場して以降(小路晃と時間切れ引き分け)、リングスKOKトーナメントでも活躍。田村潔司との試合はいまでも語り草になっている。その後、再びPRIDEのレギュラーに。


ボクシング、レスリングなどをグレイシーの中では早めに取り入れ「進化型グレイシー」とも呼ばれた。現在はNYに道場を構え、ヒカルド・アルメイダなどの優秀な弟子を育てている。




入場曲は一時、一族共通の「fort battle」(映画「ラストオブモヒカン」より)を使っていた。

リスト::格闘家

新着ブログ: ヘンゾ・グレイシー