ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー

(映画)
べいびーどらいばー

Baby Driver

  • 2017年|イギリス、アメリカ|カラー|113分|画面比:2.35:1|映倫:G|MPAA: R*1

概要

ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。
組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める―。
(公式サイトより)

予告編


アカデミー賞

  • 候補:編集賞、音響編集賞、録音賞

*1:Rated R for violence and language throughout.

ネットの話題: ベイビー・ドライバー

人気

新着

新着ブログ: ベイビー・ドライバー