ベナン人民共和国

(読書)
べなんじんみんきょうわこく

(フランス語: République populaire du Bénin)
現在のベナン共和国の旧国号。アフリカ大陸のギニア湾沿いに1975年から1990年まで存在した社会主義国(西側では一般的に共産主義国として知られる)。

ダホメ共和国が独立後、しばらくして1972年にクーデターが起こり、1975年11月30日にベナン人民共和国が成立した、マチュー・ケレク率いるベナン人民革命党(英語版)(PRPB)による一党独裁国家であった。1989年にマルクス・レーニン主義を放棄し、新憲法を制定した1990年3月1日まで実質的に存続した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ