ペプシコ

()
ぺぷしこ

英文表記:PepsiCo Inc.
アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社がある。
ペプシコーラなどの飲料・フリトレーなどの食品ブランドを傘下に持つ会社。
ペプシトロピカーナゲータレードともにペプシコのブランド。

近頃、最大のライバル、コカ・コーラに売り上げで接近。
ペプシコグループ全体では2006年で351億ドルと、ザ コカ・コーラ カンパニーグループの260億ドルを抜き去っている。

日本において

ペプシコーラ」ブランドの飲料については、1997年(平成9年)12月に結んだライセンス契約によりサントリーグループが製造・販売を行っている。
また、果汁飲料「トロピカーナ」ブランドについては、1991年(平成3年)からキリンビバレッジとの合弁会社により開発・販売されている。
スナック菓子の「フリトレー」は、カルビーの完全子会社の「ジャパンフリトレー」から販売されている。

略歴

1898年
カレブ・ブラッドハムがノースカロライナ州で「ペプシコーラ」の元となる飲料が商品化される。後に商品名を「ペプシコーラ」とした。
1902年
ペプシコーラ・カンパニー(Pepsi Cola Company)が設立される。
1919年9月18日
デラウェア州にてロフト社が設立された。
1931年
ペプシコーラ」の商標をロフト社が買収。
1941年
ロフト社からペプシコーラ・カンパニー(Pepsi Cola Company)に社名変更した。
1964年
マウンテンデューペプシコーラが買収。
1965年
ペプシコーラ・カンパニーとフリトレー・インクの合併によりペプシコ・インクPepsiCo, Inc)が設立された。
1991年
トロピカーナ・プロダクツ・インクは、キリンビバレッジとの日本での合弁会社「キリン・トロピカーナ株式会社」を設立
1997年12月
日本でのペプシコーラ部門のマスターフランチャイズ権のライセンス契約をサントリーと結んだ。
1998年
日本でのサントリーによるペプシコーラ製品のボトラー事業が始まる。
1998年
シーグラム・カンパニーLtd.からトロピカーナ・プロダクツ・インクを買収した。
2001年8月2日
クエーカー・オーツ社と合併し、ゲータレードブランドを傘下にした。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ