ペルシャ語

(一般)
ぺるしゃご

キリスト教暦21世紀初頭では、イラン、アフガニスタン、タジキスタンで公用語とされている言語。ペルシア語。

近世正則ペルシア語は、イラン高原、中央ユーラシア、アフガニスタン、インド、アナトリア、バルカン、クリミアといった広い地域で、アラビア語に次ぐ(時に並ぶ)威信言語として、科学、文芸、宗教に関する著述に用いられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ