Hatena Blog Tags

ホセ・メンドーサ

(マンガ)
ほせめんどーさ

漫画「あしたのジョー」に登場する力石と並ぶライバル。WBA・WBC世界統一バンタム級チャンピオン。伝家の宝刀・コークスクリューパンチでKOの山を築いた。

ハワイでジョーの挑発を受けるも、ストレートを一発お見舞いして気絶させる。リングを離れたら、家族思いの子煩悩。

「無冠の帝王」カーロス・リベラとの対戦では、コークスクリューパンチをテンプルに放ちカーロスをKO。カーロスはこれが原因となり、パンチドランカー状態になった。

東洋・太平洋チャンピオン、矢吹丈との一戦は近年まれに見る名勝負。コークスクリューパンチでジョーを追い詰めるも、ジョーのケンカ屋の本能によって壮絶な打ち合いにまでもつれこんだ。16ラウンド終了後には自らも憔悴しきって、白髪になるほど追い込まれた。判定で辛くも勝利するも、ジョーには苦戦させられたと言ってもいいだろう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

有森「誰一人見舞いに来ないから.監督も来なかったですね---」 この頃,有森のもとに,思わぬものが届いた.有森がジョーのファンだと知ったちばてつやが,激励の色紙を送ってきたのだ.そこにはジョーに託したメッセージが. 「一緒にアトランタの舞台を走ろう」「もう----うれしかったですね.確か,ジョーの横顔だったと思うんですけど.大好きな,うん.生き生きとした眼の」 視点3 女性が見つめたあしたのジョー(2)「あしたのジョー 時代と生きたヒーロー」 NHK アナザストーリーズ 

「あしたのジョー 時代と生きたヒーロー」 NHK アナザストーリーズ 運命の分岐点 初回放送日: 2022年1月25日 視点3 女性が見つめたあしたのジョー(2) 1967年に漫画雑誌で連載が始まり、コミックスの発行が累計2千万部を超える不朽の名作。強者に敢然と立ち向かうジョーの姿は学生運動の若者たちに勇気を与えた。 劇作家の寺山修司はジョーのライバル力石の死を受けて葬儀を企画、その死の意味を問いかけた。 作家の角田光代はジョーに孤独の物語を見て、マラソン選手の有森裕子はジョーと自身を重ね五輪を2度走った。人々の心を動かしてやまない“あしたのジョー”とは何者か。 ライバル力石を失い、一度は落ち…