ホモロジー

(サイエンス)
ほもろじー

ある種の図形(多様体と呼ばれる)に対して代数を対応させる行為。
元の図形の幾何学的情報を程よく反映することによって、その豊かな認知を可能にする。


そもそもの起源は、数学者ポアンカレが図形の組み合わせ的構造
(穴の数、オイラー数などはそれである)
を数学的に取り出したのがはじめである。(単体的複体のホモロジー)


現在では様々なホモロジー、コホモロジーが
開発され、それらの性質や関係が研究されている。


リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ