ボアブディル

ボアブディル

(社会)
ぼあぶでぃる

スペイン語で(アブー・アブドゥッラーの訛り)(Boabdil, 1460年? − 1527年、在位:1482年 - 1492年)
ムハンマド12世(アラビア語:アブー・アブドゥッラー・ムハンマド12世)。レコンキスタによって終焉したナスル朝グラナダ王国)の最後の君主。スペイン人には「エル・チコ(el Chico、小さい)」、アラブ人には「ズガービー(不運)」とあだ名された。

1482年、国から追われた父ムレイ・アブル・ハッサン(アブルハサン・アリー)の職位グラナダタイファの王位を継承。

新着ブログ: ボアブディル