ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

(映画)
ぼらっとえいこうなるこっかかざふ

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

  • 2006年|アメリカ|カラー|82分|画面比:1.85:1|R-15

解説

ボラット・サカディエフはカザフスタン国営放送の看板リポーター。祖国カザフスタンの発展の為に、片言の英語を駆使してアメリカ文化を学ぶべく突撃リポートを開始する。
イギリスの人気コメディアン、サシャ・バロン・コーエンが自らの持ちネタキャラであるボラットに扮し、何も知らないアメリカの一般市民にインタヴューし、彼らの奥底にある人種差別や偽善を炙り出す。過激で大爆笑な内容によって大ヒットを記録。カザフスタン政府が抗議し(後に撤回し、逆に国を宣伝してくれたと発表)、インタビューされた人々が数々の訴訟を起こすなど、公開後も話題を振りまいた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ