ボンクラーズ

ボンクラーズ

(コンピュータ)
ぼんくらーず

ボンクラーズは、コンピュータ将棋ソフト。
2011年5月に開催した第21回世界コンピュータ将棋選手権で優勝。
開発者は伊藤英紀
第1回将棋電王戦の対局ソフトとして米長邦雄永世棋聖と対戦し、勝利した。
後継ソフトとして、「Puella α」(プエラ・アルファ)がある。

名前の由来については「ボナンザ・クラスタ」の略説、マンガ「あずまんが大王」のボンクラーズ説の2つがある。
電王戦にあたり当初は名前を変える予定だったが、対局者でもある米長邦雄会長にそのままで良いと止められた。*1 *2

第1回将棋電王戦のトピック

  • 電王戦に向けたテストとして2011年11月上旬から将棋倶楽部24にプログラムを常駐させてアマチュア強豪たちと対局し、9割を超える高勝率を記録。2011年12月2日には棋力を示すレーティング(以下R)が3,335点、同年12月31日には3,364点に達し、プログラム参考記録ながら過去最高のRを記録した。(人間の記録はR3,210)
  • 2011年12月21日、電王戦プレマッチにて米長邦雄永世棋聖と対局。駒組みのミスを逃さず攻めて快勝した。
  • 2012年1月14日、第1回将棋電王戦(日本将棋連盟、ドワンゴ、中央公論新社主催)において、米長邦雄永世棋聖と対局。113手で勝利。序盤は押されていたが、中盤で米長永世棋聖の見落としの隙をつき、そのまま一気に押し切る形となった。公式の対局でコンピュータソフトがプロ棋士に初めて勝利した。


http://www.computer-shogi.org/wcsc21/
WCSC2011 ボンクラーズアピールマンガ
開発者伊藤英紀氏のブログ
A級リーグ指し手1号

ボンクラーズ

(マンガ)
ぼんくらーず

あずまんが大王内で神楽の手によって結成された(?)三人衆。

メンバー

  • 大阪さん(春日歩)
  • 滝野智
  • 神楽さん

詳しくはあずまんが大王3巻6ページ及び10ページ参照

合言葉は「3人合わせて103点

ネットの話題: ボンクラーズ

人気

新着

新着ブログ: ボンクラーズ