Hatena Blog Tags

ポイズンピル

(一般)
ぽいずんぴる

"poison pill"(英) 直訳すれば「毒薬」。
ある企業がTOBなどにより乗っ取られそうになった場合に備えて、あらかじめ全株主に新株予約権を与えておく買収予防策。ライツプランともいう。
敵対的買収者が一定割合の議決権を取得したなど、一定の発動事由が満たされると、買収者以外の株主に大量の新株が安価に発行され、買収者の保有株の割合が希薄化される。結果的に買収者の経営権取得を困難になるため、買収予防策となる。
取締役はいつでもポイズンピルを消却できるし、会社にとって利益になる買収提案に対しては消却する義務が生じる。
商法上の株主平等原則などとの抵触が問題とされるが、M&Aの活発化に関連して導入の是非が議論されている。

企業買収防衛戦略

企業買収防衛戦略

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…

理論レベル四法印。。これが究極の境地か四法印超越。。

簡単にまとめよう。資本主義ではどうやって利潤ができるのか。これは学習効果、さまざまなものができる便利な仕組みと独占寡占などの不等価交換不完全競争、そして搾取がある。中小企業などで肉体的搾取、中流官庁で精神的搾取がある。学習効果にも限界がある。今日はそんなとこだろう。主人公は超能力者、法政大学社会学学士、ラフノールの鏡など超人ロックの超能力を使う。学問使いであり一応どのクラスの学問にも対応する。Bクラスエスパーだが学問力でSクラスエスパーともたたかえるー超人ロックを師とする。 資本主義は学習効果もあるが価格という点数で評価されたものが良いとは限らない。売れるもの自体が正しいとは限らないのである。…