ポジティブリスト制

()
ぽじてぃぶりすとせい

 食品の残留農薬や食品添加物の規制の方法の一つ。原則的に残留農薬や食品添加物はすべてを禁止とし、残留を認めるものを一覧表(ポジティブリスト)で表すという方式。ポジティブリスト制度とも言う。
 逆の方式で、原則的に残留農薬等をすべて許可し、残留を認めないものを一覧表にして示すネガティブリスト制という方式がある。

 日本ではネガティブリスト制による規制を実施していたが、平成15年の食品衛生法の改正によりポジティブリスト制が導入された。平成18年5月29日より施行。

 現実的にポジティブリストに記載された農薬以外をすべて禁止することは、農薬の飛散(ドリフト)などを考慮すると不可能に近いので、実際の運用に際しては、ポジティブリストに記載されていない(残留が認められていない)農薬は、一定の基準値を越えない限り流通を許可するという方法をとっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ