マイケル・ケイメン

(音楽)
まいけるけいめん

Michael Kamen
映画音楽作曲家、アレンジャー

  • 1948年4月15日、アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク生まれ
  • 2003年11月18日、イギリス イングランド/ロンドンにて心臓発作で死去

略歴

  • 2歳からピアノを習い、ジュリアード音楽院ではオーボエを専攻。
  • 1967年にマーク・スノウらとニューヨーク・ロック・アンサンブルを結成し、1971年に映画『ウエスタン・ロック ザカライア』に曲を提供したのが映画界での初仕事。グループ解散後、アレンジャーや作曲を生業とし、1976年の『いとしき暗殺者』<未>で映画音楽作曲家としてデビュー。
  • 1982年にピンク・フロイドの大ヒットアルバム『ザ・ウォール』でオーケストレーションを担当したことから、イギリスに活動拠点を移動。エリック・クラプトン、ユーリズミックス、デヴィッド・ボウイらのアルバムに、オーケストラ・アレンジャーとして参加しながら映画音楽作曲活動も続け、『リーサル・ウェポン』、『ダイ・ハード』、『ロビン・フッド』等大作アクション映画も手掛けるようになる。
  • クラプトンが『リーサル・ウェポン』シリーズに作曲家・演奏者として参加しているのも、クラプトンのアルバムにケイメンが参加していた縁による。
  • 同じく『リーサル・ウェポン』で組んだデヴィッド・サンボーンとは、マイケル・ケイメン・フィーチャリング・デヴィッド・サンボーンとして『コンチェルト・フォー・サキソフォン』というアルバムを発表している。
  • ロジャー・ウォーターズのベルリンの壁崩壊記念コンサート『ザ・ウォール〜ライヴ・イン・ベルリン』では、オーケストラ指揮を担当した。

主な映画音楽作品

アカデミー賞

  • 候補
    • ドンファン(1995)オリジナル歌曲賞("Have You Ever Really Loved a Woman")
    • ロビン・フッド(1991) オリジナル歌曲賞("(Everything I Do)I Do It For You")
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ