マイケル・ジョンソン

マイケル・ジョンソン

(音楽)
まいけるじょんそん

Michael Johnson


アメリカのシンガー・ソングライター、ギタリスト。AOR、カントリー、フォークなどの分野で活動。
ヒット曲に「哀しみの序曲」「この夜の果てに」などがある。


Michael Johnson

Michael Johnson

Then & Now

Then & Now

Bluer Than Blue:Very Best..

Bluer Than Blue:Very Best..

That's That

That's That

Home Free

Home Free

Departure

Departure

Best of

Best of

Classic Masters

Classic Masters

マイケル・ジョンソン

(スポーツ)
まいけるじょんそん

陸上競技選手。男子400mのワールドレコードホルダー。
1967年9月13日生まれ、アメリカ合衆国テキサス州出身。


200mで21連勝、400mで56連勝という信じられない記録を残しており、これを破る連勝記録は今後、誕生することはないだろうと言われている。
また、1996年のアトランタオリンピックで記録した200m19秒32のタイムは、人類の限界に近づいたものであり、この先20年間は破られないとされていた。しかし、アトランタから12年後の2008年北京オリンピックで、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)がマークした19秒30によって破られた。
400mでは1999年のセビリア世界陸上で43秒18の世界記録を樹立している。


背筋をピーンと伸ばした独特のフォームが特徴で、走ることに関して他人と比較されることを極端に嫌う。
五輪ラストランとなった2000年シドニーオリンピックでは純金をちりばめたスパイクを履き、男子400mで史上初の五輪連覇を達成。また、アメリカに5大会連続、16回目の4x100mリレー金メダルをもたらす快走を見せた。アンカーを務めたジョンソンは、他を寄せつけず独走のゴール。仲間と抱き合い、自身5個目の金メダルを喜んだ。しかし、4x100mリレーの金メダルは他の走者にドーピング違反が発覚したため剥奪されている。


また、世界デビューした90年代初頭はエディ・マーフィーと間違われたり、高田純次にも似ていると思われ、人気だった。

新着ブログ: マイケル・ジョンソン