マイコンBASICマガジン

マイコンBASICマガジン

(読書)
まいこんべーしっくまがじん

電波新聞社より発刊されていた月刊パソコン・プログラム雑誌(1982〜2003)。通称「ベーマガ」。当初は毎月10日発売で、途中から毎月8日発売に変更された。1982年に創刊し、2003年5月号(4月8日発売。通巻251号)で休刊した。

概要

1982年7月「ラジオの製作」より独立・創刊。1999年2月号に通巻200号を達成。
発行部数は最高28万6千部(96年5月)。パソコン雑誌で1位になったこともある。
創刊時には、ベーシック・プログラム投稿雑誌としてプログラムを載せるだけだったが、やがて市販パソコンゲームの他、アーケード・ゲームやコンシューマ・ゲームも取り扱うようになった。
投稿プログラムは、長年BASICだけを取り扱ってきたが、時代の流れとともにBASICだけでは難しくなっため、やがてC言語などBASIC以外のプログラムも掲載されるようになっていった。
姉妹紙にコンピュータ・ミュージックマガジンがあったが、本誌に吸収後、消滅。
読者の中心は,中・高校生。男性が多かったが、イラストの投稿に限っては女性も目立った。

その他

  • ゲーム業界へ与えた影響は大きく、プログラムコーナーが多くのプログラマーを発掘した。
  • 投稿雑誌としての色合いが濃く、投稿するのとしないのとでは,面白さに差が出るといわれた。
  • プログラム関連記事はジョルスが、ゲーム関連記事は攻略本で定評のあるスタジオベントスタッフが担当していた。
  • かつての公式WEBサイトはhttp://www.basicmagazine.net/(既に存在しない)
  • 復刊ドットコムに、復刊リクエストのページがあるので、復刊を望まれる方は是非投票してみて下さい。こちらからどうぞ。

ネットの話題: マイコンBASICマガジン

人気

新着

新着ブログ: マイコンBASICマガジン