マキノ省三

(映画)
まきのしょうぞう

映画監督
明治11年北桑田郡山国隊指揮隊長だった藤野斉と竹本弥奈太夫の名で舞台に立っていた義太夫師牧野やなの子として生まれる。芝居小屋西陣千本座の狂言方だった頃、横田商会の活動写真興行に小屋を貸した縁で横田永之助の要請を受けて映画製作に乗り出し、明治40年第一作「本能寺合戦」を発表。岡山から尾上松之助をスカウトし、英雄豪傑を演じるスターに仕上げた。大正元年4社合同の日本活動写真株式会社が設立され、日活関西撮影所長となる。大正8年ミカド商会、大正10年牧野教育映画製作所、大正12年マキノ映画製作所、大正14年マキノ・プロを次々に設立。時代劇を中心とした大衆映画を数多く製作して阪東妻三郎、嵐寛寿郎、月形竜之助らをスターに育成。時代劇映画の父と仰がれた。
リスト::映画監督

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ