マクモニーグル

(一般)
まくもにーぐる

ジョー・マクモニーグル。
FBI超能力捜査官の最強千里眼として解決率80%を誇る。
マクモニーグルの超能力は生まれつき備わっていたものではない。
マクモニーグルが20代の頃…アメリカ陸軍に所属し、ドイツに赴任していた時だった。
突然の心臓発作で倒れたマクモニーグルは、病院で手当されている自分の姿を、
天井に浮かんで見ていたという。世に言う“臨死体験”である。

奇跡的に助かったマクモニーグルは、この“臨死体験”以来、予知能力や千里眼能力に目覚めた。
その能力を買われて、CIAの超能力スパイプロジェクト「スターゲート」に配属された。
そして、なんと米ソ冷戦時代にはソ連の潜水艦基地のありかをアメリカ国防総省にいながらにして透視。
そのあまりの的中率からマクモニーグルは、超能力スパイ・コードNo.001と呼ばれた。

自伝本も日本で出版されマクモニーグルフィーバーが起こる中、再び彼が奇跡を見せつける!


疑惑

以上は日本テレビが主張するプロフィールである。
しかし、彼のWebサイトにはFBIの話は一切出てこない。
それどころか、「FBI超能力捜査官」の和名がついた書籍などの写真を掲載しなかったり、
「FBI超能力捜査官」という番組名や書籍名を「FBI: Psychic Investigator(FBIと超能力捜査官)」のように書き換えるなど、
FBI所属だと日本で公言している事実を隠す傾向にある。
彼自身のWebサイトによれば、最近のメディア露出はほとんど日本の番組であり、
ABCに出演したりニューズウィークに取り上げられたのは1995年前後に一度あっただけのようで最近のことではない。
Time誌やCBSについては記述すらない。
「日本でのみ(しかも特定の放送局で)大きく取り上げられている」といった表現が正しいだろう。

ちなみに「FBI超能力捜査官」という役職は実在しない。また、FBIに所属する者は法律で国外活動が禁止されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ