マックスコーヒー

()
まっくすこーひー

コカ・コーライーストジャパンの営業エリア、特に利根コカ・コーラボトリングが担当していた地域*1で売られている、後に残る甘さが特徴的なミルクコーヒー。
缶コーヒーの中で正しくマックスを誇るその甘さから、幼い子供でも飲むことができ、販売地域の人間にとっては懐かしさと親しみの強い商品である。
後にジョージアブランドに吸収され「ジョージア・マックス」となる。
ちばらぎコーヒー、マッカンとも呼ばれる。
2008年4月下旬ごろから500mlペットボトルのマックスコーヒーXが全国販売になった模様。
そして2009年2月16日、ついに缶・ペットボトル全3種類のマックスコーヒーが正式に全国展開。

*1:千葉県・茨城県・栃木県

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ