マッサン

(テレビ)
まっさん

マッサンは、2014年度後期のNHK朝の連続テレビ小説。通算第91作目。2014年9月29日〜2015年3月28日(全150回)放送。
札幌オリンピックの「日の丸飛行隊」を支援、北海道余市の名誉町民となり、日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝と、その妻リタをモデルにした「夫婦の奮闘記」。実在の人物をモデルとしているが、物語はフィクションとして描かれる。
NHK朝の連続テレビ小説としては初めて外国人のヒロインが登場。
2014年1月にヒロインオーディションを行い、2014年3月4日にヒロインが決定し、出演者が発表された。

あらすじ

時は大正時代。日本一華やかな“大大阪”で青春時代を過ごしていた“造り酒屋の跡取り”は、ウイスキーに目覚め、本場スコットランドへ単身渡る。
スコットランドの女性と恋に落ち、駆け落ち同然で国際結婚!
日本初のウイスキーづくりを夢に描き二人が帰国したとき、第一次世界大戦は終結し戦争景気は去り、閉塞感漂う“大不況の時代”を迎えていた。

夫は、厳しい時代のなかでウイスキーづくりに挑み、野心溢れる大阪商人たちに揉みくちゃされながら、何度も挫折を味わい、それでも夢を追い続ける。
妻は、文化の違いに翻弄されながらも大阪弁を身につけ、日本の“おもてなしの心”を知り、“日本人の美徳”を見出していく。

昭和になって、二人は北海道へと渡り、“ウイスキーづくり”にゼロから挑む。
しかし、失敗の連続で事業が頓挫する中、太平洋戦争に突入。故郷が敵国となり妻はスパイ容疑までかけられる。
それでも、妻は“日本人として”生き、夫を支え、従業員を愛し、夫は妻を守り抜く。

夫婦の人生にはいつも歌があった。
明治から日本の学校唱歌に取り入れられたスコットランド民謡は、ふたりが共に故郷を思う歌だ。
スコットランドでの運命の恋は『蛍の光』に始まり、『埴生の宿』『故郷の空』・・・
挫折や苦難の連続の中、親や支援者を泣かせ、妻からは故郷も奪い、それでも夢に奮闘する二人の郷愁をスコットランド民謡が包む。
歌が“夫婦の絆”を育み、“日本の心”を宿したヒロインの歌声がドラマ全編に響き渡る。

スタッフ

  • 脚本:羽原大介
  • 演出:野田雄介、梶原登城
  • 制作統括:櫻井賢
  • プロデューサー:山本晃久

出演

主人公

亀山家

住吉酒造

ご近所

鴨居商店

  • 鴨居欣次郎(鴨居商店大将)…堤真一

北海道果汁株式会社

北海道 余市の人々

主題歌

麦の唄(中島みゆき)

NHK連続テレビ小説

花子とアン → マッサン → まれ

*1:NHK朝の連続テレビ小説としては初の外国人ヒロインで、日本でのテレビドラマ初出演

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ