マツダ・ロードスター

マツダ・ロードスター

(一般)
まつだろーどすたー

概要

1989年、マツダが世に送り出した軽量2シーターオープンカー。
当時、世界的に絶滅寸前だった2シーターオープンというカテゴリーを、世界中に復活させ、広めた日本が生んだ世界的な名車。
単一車種の2シーターオープンカーの累計生産台数(531,890台)で、ギネス記録に認定されている。
2016年5月、累計生産台数が100万台を突破。

モデルの変遷

国内発売当時の販売店はユーノスチャンネルだったため、ユーノス・ロードスターと呼ばれたが、同モデル末期には販売チャンネル統合からマツダ・ロードスターと改称した(型式からNAと呼ばれる)。
1997年、初のフルモデルチェンジが行われた(同・NB型)。
2005年、二度目のフルモデルチェンジが行われ(同・NC型)。
2015年、三度目のフルモデルチェンジが行われ(同・ND型)。

その他

  • 写真は NB の初期型。
  • NBロードスターは1997年登場後、2000年、2002年、2003年にマイナーチェンジがあり車台番号の大台違いからNB1、NB2、NB3、NB4と呼称されることもある。
  • アメリカでは「ミアータ」、ヨーロッパでは「MX-5」と称している。
  • 「ロードスター」という言葉本来の意味は、オープンカーの一形態を指すカテゴリー名。→ロードスター
  • NC 型は 2005年日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。
  • ND 型は 2016年日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。

ネットの話題: マツダ・ロードスター

人気

新着

新着ブログ: マツダ・ロードスター