マビノギ英雄伝

(ゲーム)
まびのぎえいゆうでん

devCAT開発の「マビノギ」のスピンオフ作品。
日本での運営会社はネクソン・ジャパン。

概要

マビノギと比べてアクション性が高く、落ちている物体での攻撃、掴み攻撃の存在などベルトスクロールアクションを意識した戦闘が特色。
町ではMMO形式だがダンジョンはパーティーごとにインスタンスを作るMO形式となる。

歴史

2011年11月3日:クローズドβテストを開始。
2011年11月23日:オープンβテストを開始。
2011年11月30日:正式サービスを開始。

ストーリー

マビノギよりも過去、第一次モイトゥラ戦争後の時代。
辺境のコレン村である日村の守り神である白蜘蛛が突然暴れだすという事件が起きる。
村の防衛を引き受けるカルブラム傭兵団の新米傭兵であるプレイヤーは傭兵団の仲間と共に白蜘蛛を説得しようとする巫女ティイの護衛として白蜘蛛が上った塔に踏み込むのだが…。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ