マラルメ

(読書)
まらるめ

ステファヌ・マラルメ
Stéphane Mallarmé (1842-1898)

19世紀フランスの詩人。
その作品は象徴詩と呼ばれ 難解とも言われるが 現在に至るまで詩のみならず分野を超えて多大な影響を与えている。
代表作は『半獣神の午後』。
これにはドビュッシーも曲をつけ、《ステファヌ・マラルメの3つの詩》という歌曲集を発表。
他に、ラヴェルらも彼の詩を歌曲にしている。
また遺作となった未完成の長編詩、"Un coup de dés jamais n'abolira le Hasard"*1
はきわめて難解だが、最重要作品と位置づけられている。

マラルメ関係の文庫本

  • 阿部良雄『群衆の中の芸術家―ボードレールと十九世紀フランス絵画』ちくま学芸文庫
  • 渡辺守章平井啓之訳 ジャン=ポール・サルトル著『マラルメ論』ちくま学芸文庫
  • amazon:マラルメ

*1:日本では「骰子一擲」のタイトルで定着。直訳すれば「サイコロの一振りは、決して偶然を廃棄することはない」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ