マルグリット・デュラス

(映画)
まるぐりっとでゅらす

映画監督

マルグリット・デュラス

(読書)
まるぐりっとでゅらす

Marguerite Duras

1915年。仏領インドシナ(南ベトナム)生まれの女流文学者、脚本家、映画監督。
18歳でフランスに帰国し、1940年代より作家活動をはじめ、「あつかましい人びと」「モデラート・カンタービレ」でヌーヴォ・ロマンの代表作家としての地位を確立する。
アラン・レネ監督の依頼をうけ「二十四時間の情事」のシナリオを書き下ろす。
66年には「ラ・ミュジカ」で自ら映画製作、監督に乗り出す。これは“映画芸術の中に、独自の可能性を探求するため”だった。
84年ゴンクール賞受賞作 の「愛人/ラマン」は世界各国でベストセラーとなり、ジャン=ジャック・アノー監督により映画化されヒットとなる。
87年にはジャン=リュック・ゴダール監督との対話が収録され、「勝手に逃げろ/人生」「カルメンという名の女」「ゴダールの決別」などでデュラスへのシンパシーを表明している。
晩年はヤン・アンドレア(99年に東京日仏学院の招きで来日し講演を行った)との愛人関係を描いた「ヤン・アンドレア・シュタイナー」が強烈な印象を与える。
遺作「これで、おしまい」では、残された時間に一冊の本を書き上げるという作家の最後の賭けを、彼女の孤独を共有しながら付き添い続けたヤン・アンドレアの協力によって完成させる。
1996年3月3日、死去。

モデラート・カンタービレ (河出文庫)

モデラート・カンタービレ (河出文庫)

インディア・ソング (河出文庫)

インディア・ソング (河出文庫)

インディア・ソング [DVD]

インディア・ソング [DVD]

ラホールの副領事 (集英社文庫)

ラホールの副領事 (集英社文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ