マルジャン・サトラピ

マルジャン・サトラピ

(マンガ)
まるじゃんさとらぴ

フランス・パリ在住のバンドデシネ(BD)作家。1969年、イランのラシュト生まれ。
テヘランで成長し、フランス語学校に通う。14歳の時に国を離れ、ウィーンを経て、ストラスブールでイラストレーションを学ぶ。
1979年のイスラム革命以降の著者の体験を描いた『ペルセポリス』は批評家の絶賛を浴び、国際的なベストセラーとなっている。「ニューヨークタイムズ」が選ぶ注目すべき本に選出されたほか、優秀な外国語の本のアメリカ版に贈られるハーベイ賞、さらには米国図書館協会のアレックス賞を受賞。
2005年にはアングレーム国際バンドデシネフェスティバルにおいて、『プラムを持つ鶏』が最優秀アルバム賞を受賞。

新着ブログ: マルジャン・サトラピ