マレーヴィチ

(アート)
まれーう゛ぃち

カジミール・マレーヴィチ(1878―1935年) ロシアの画家。1915年、ペトログラードでの個展に出品した『黒い四角形』など、幾何学的形象を描いた一連の非具象絵画によって、シュプレマティズムを唱えた

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ