マンガルヤーン

マンガルヤーン

(サイエンス)
まんがるやーん

インド宇宙研究機関(ISRO)が開発した、インド初の無人火星探査機の通称。
マンガルヤーンとはサンスクリット語で「火星の乗り物」という意味。
正式名称は「Mars Orbiter Mission(MOM)」。
2013年11月、インド製のロケット「PSLV-C25」により、成功裏に打ち上げが完了。
2014年9月24日、火星周回軌道に投入成功。アジア初。