マーク・ストロング

マーク・ストロング

(映画)
まーくすとろんぐ

Mark Strong(1963-)
俳優

  • 生名:Marco Giuseppe Salussolia
  • 身長:185 cm

略歴

1963年8月、イギリス/ロンドンでイタリア人の父とオーストリア人の母の間に生まれる。
当初は弁護士を目指していたが、ミュンヘンに一年間留学し帰国した後は大学で英語と演劇を学び、さらにBristol Old Vic Drama Schoolに入学。数々の舞台、映画、TVドラマで活躍する俳優となった。
舞台『十二夜』で2003年度ローレンス・オリヴィエ賞助演男優賞にノミネート。TVムービー『The Long Firm』(2004)での演技でBAFTA(英国アカデミー賞)のTV部門主演男優賞ノミネート、Broadcasting Press Guild Awardの主演男優賞受賞。
また、現在の名前「マーク・ストロング」は芸名ではなく、幼少時母親により英国に馴染むようディード・ポール制度を利用して改名された本名である。

  • ガイ・リッチー監督作『リボルバー』より、マーク・ストロング一世一代の見せ場。

主な作品

新着ブログ: マーク・ストロング