ミュンヒハウゼン症候群

(サイエンス)
みゅんひはうぜんしょうこうぐん

医者に「重篤な病気がひそんでいる」等と虚偽もしくは大袈裟に伝える行為。

患者は様々な病院を渡り歩く事もよくあり、医療知識にも長けているケースが多く、医者には治せないとさえ言われる。

代理によるミュンヒハウゼン症候群

自分の子供に治療を受けさせたいがために親が虚偽や大袈裟に子の病気を訴える事を代理ミュンヒハウゼン症候群という。
虐待。

名前は空想話やほら吹きで有名だったミュンヒハウゼン男爵からとられ、イギリスの医師アッシャーによって命名された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ