ミレトス学派

(一般)
みれとすがくは

紀元前6世紀に誕生した哲学の学派。エーゲ海のアナトリア半島にある都市国家ミレトス出身の3人の哲学者(タレス、アナクシマンドロス、アナクシメネス)に代表される。宇宙を形成し、あらゆる生命の源である万物の根源(アルケー)で自然を定義しようとした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ