ムコスタ

ムコスタ

(サイエンス)
むこすた

ムコスタ

医薬品名。胃炎・胃潰瘍治療剤。
胃の粘膜を丈夫にすることによって胃酸の刺激から胃壁を守り、胃炎や胃潰瘍を治療するための薬で、大塚製薬からムコスタ錠100、ムコスタ顆粒20%の2種類が出ている。一般名はレバミピド。

用法

成人は1日3回、100mg(ムコスタ錠100:1錠、ムコスタ顆粒20%:0.5g)を食前または食後に経口服用する。他は医師の指示通り。

適用

  • 胃潰瘍
  • 胃粘膜病変(出血、びらん、発赤、浮腫)
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎に伴う胸やけ
  • 吐き気
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 嘔吐消化器症状など。

一般的注意・副作用

  • 安全性は高く、副作用はまれである。ごく稀にショック(アナフィラキシー症状)、血液障害(白血球減少、血小板減少)、発疹、肝障害(AST・ALT・γ-GTP、AL-Pの上昇)の報告がある。
  • 服薬中止後の再発がしばしば見られるため、潰瘍がなくなった後もしばらくの期間続ける必要がある。

(Wikipediaより一部引用)

特徴

  • 胃粘膜のプロスタグランジン(PG)増加作用・フリーラジカル抑制作用を併せ持つ初めての胃炎・胃潰瘍治療剤。

新着ブログ: ムコスタ