Hatena Blog Tags

ムハンマド

(社会)
むはんまど

Muhammad
マホメットとも。
宗教家としてはイスラム教の開祖。アッラーの預言者。生年570頃〜西暦632年没
アラビア半島を統一してイスラム帝国の礎を築いた点で政治家や武将とも呼べるんだろうか。

概略

西暦570年ごろ:アラビア半島の商業都市(当時)メッカのクライシュ族のハーシム家に生まれる。
25歳ごろ:商人として認められ、富裕な未亡人ハディージャと結婚。
西暦610年ごろ:マッカ郊外のヒラー山で瞑想中、大天使ジブリール(ガブリエル)からアッラーの啓示を受ける。周囲に布教をはじめる。
教えが広がるにつれて警戒・迫害を受けるようになる。
622年:メッカを離れ、信徒らとともにメディナに移住する*1。ムハンマドは信徒による共同体(ウンマ)を組織、これを率いて勢力を拡大していく。
624年:バドルの戦い
625年:ウフドの戦い
627年:ハンダクの戦い
630年:メッカを無血占領。多神教徒の信仰の場であったカーバ神殿に数百体あったと言われる偶像を武力で破壊・弾圧し、自己の宗教の神殿に変えた。
632年:メッカへの巡礼後、メディナで病没

私生活

22人の妻を迎えていたといわれる。養子の元妻なども中にはいた。
最愛の妻だったアイーシャとは、彼女が8歳の時に50歳代で結婚した。、

*1:これをヒジュラ(聖遷)と呼び、イスラム暦の紀元とする。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

バイデン大統領 へ 西側諸国は、「ロシア人の言葉」も聞くべきだ。彼は全く「正反対」のことを言っている。ロシアの国会議員で著名なテレビ司会者でもあるエフゲニー・ポポフ氏が4月19日、BBCのポッドキャスト番組「ウクライナキャスト」に出演して述べた。ウクライナと、「イギリスなどの同盟国」はこの1000年間、ロシアを脅している。彼らは「NATO」を、ロシア国境まで「移動」させて、我々の文化を消し去ろうとして、長年にわたって私たちをいじめている。

バイデン大統領 へ 2022年05月21日:土曜版。拝啓、 ロシアと「欧州を含む西側諸国」との関係は、トランプ前政権の時代には全く考えられないことだった。バイデン氏は副大統領時代から「親ウクライナ」で「反ロシア」だった。ハンターバイデン氏のUkraine企業からの「巨額の報酬」は、米検察が「捜査中」である。バイデンは「証拠もない」のに、「ロシアゲート」を騒ぎ立てた。そして彼はロシアとの関係を「台無し」にした。バイデン大統領は「ウクライナ戦争」を「用意周到」に作り上げた、ようだ。 西側諸国は、「ロシア人の言葉」も聞くべきだ。彼は全く「正反対」のことを言っている。ロシアの国会議員で著名なテレビ司会…

ロシアと「欧州を含む西側諸国」との関係は、トランプ前政権の時代には全く考えられないことだった。バイデン氏は副大統領時代から「親ウクライナ」で「反ロシア」だった。ハンターバイデン氏のUkraine企業からの「巨額の報酬」は、米検察が「捜査中」である。バイデンは「証拠もない」のに、「ロシアゲート」を騒ぎ立てた。そして彼はロシアとの関係を「台無し」にした。バイデン大統領は「ウクライナ戦争」を「用意周到」に作り上げた、ようだ。

長野恭博 オピニオン 2022年05月21日:土曜版。拝啓、 ロシアと「欧州を含む西側諸国」との関係は、トランプ前政権の時代には全く考えられないことだった。バイデン氏は副大統領時代から「親ウクライナ」で「反ロシア」だった。ハンターバイデン氏のUkraine企業からの「巨額の報酬」は、米検察が「捜査中」である。バイデンは「証拠もない」のに、「ロシアゲート」を騒ぎ立てた。そして彼はロシアとの関係を「台無し」にした。バイデン大統領は「ウクライナ戦争」を「用意周到」に作り上げた、ようだ。 西側諸国は、「ロシア人の言葉」も聞くべきだ。彼は全く「正反対」のことを言っている。ロシアの国会議員で著名なテレビ司…

ロシアと「欧州を含む西側諸国」との関係は、トランプ前政権の時代には全く考えられないことだった。バイデン氏は副大統領時代から「親ウクライナ」で「反ロシア」だった。ハンターバイデン氏のUkraine企業からの「巨額の報酬」は、米検察が「捜査中」である。バイデンは「証拠もない」のに、「ロシアゲート」を騒ぎ立てた。そして彼はロシアとの関係を「台無し」にした。バイデン大統領は「ウクライナ戦争」を「用意周到」に作り上げた、ようだ。

長野恭博 オピニオン 2022年05月21日:土曜版。拝啓、 ロシアと「欧州を含む西側諸国」との関係は、トランプ前政権の時代には全く考えられないことだった。バイデン氏は副大統領時代から「親ウクライナ」で「反ロシア」だった。ハンターバイデン氏のUkraine企業からの「巨額の報酬」は、米検察が「捜査中」である。バイデンは「証拠もない」のに、「ロシアゲート」を騒ぎ立てた。そして彼はロシアとの関係を「台無し」にした。バイデン大統領は「ウクライナ戦争」を「用意周到」に作り上げた、ようだ。 西側諸国は、「ロシア人の言葉」も聞くべきだ。彼は全く「正反対」のことを言っている。ロシアの国会議員で著名なテレビ司…