メイプルソープ

(アート)
めいぷるそーぷ

ロバート・メープルソープ。Robert Mapplethorpe、(1946-1989)
稀代の写真家。花や人間の身体をエロティックに撮った写真が有名。同性愛者であり、エイズで死去した。
彼の作品の主なテーマは「花などの静物」「ポートレート」「ヌード」「セックス」の4つである
彼の死後、日本でも1992年に東京庭園美術館と水戸芸術館、1993年には神奈川県立近代美術館名古屋市美術館滋賀県立近代美術館で回顧展が開催されている。
関連語 リスト::写真家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ