メガロドン

(動植物)
めがろどん

Megalodon
中生代三畳紀後期(約2億年前)に繁栄した二枚貝。大きい歯と、厚い殻が特徴。「メガロ」は「大きい」、「ドン」は「歯」という意味。


関連語 リスト::動物

メガロドン

(動植物)
めがろどん

学名Carcharodon megalodon (カルカロドン・メガロドン)。和名はムカシオオホホジロザメ。
かつて生息したとされている古代サメ。
現在残されている歯の化石から推定される体長は13〜15メートルと、マッコウクジラに近い大きさとなる。


関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ