メトロイドプライム

(ゲーム)
めとろいどぷらいむ

任天堂より2003年2月28日に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。開発はレトロスタジオ
メトロイドシリーズの一つ。『メトロイドプライム2 ダークエコーズ』『メトロイドプライム3 コラプション』と続く、メトロイドプライム三部作の第一弾でもある。時系列は初代『メトロイド』と『メトロイドII RETURN OF SAMUS』の間の物語。
公称ジャンルは、ファーストパーソンアドベンチャー(First Person Adventure, FPA)。ファーストパーソン・シューティングゲームと同じ主観視点による、探索型のアクションアドベンチャーゲーム。ボタン1つで敵をロックオンできるので、FPSが苦手な人でもプレイしやすくなっている。
敵との戦闘時はコンバットバイザー、調べものをする時はスキャンバイザーと、局面に応じて4種類のバイザーを使い分けながら謎を解いていく。

腕利きのバウンティ・ハンター、サムス・アランの活躍により全滅させられたかに思われた宇宙海賊スペースパイレーツであったが、惑星ゼーベスの軌道上に浮かぶ宇宙船内で戦禍を逃れた一団があった。生き延びた彼らは、2つの部隊に分かれ、一方はゼーベスに戻り、サムスに破壊された要塞の再建を目指した。他方は、新たな惑星での再興を目指し、強力なエネルギー反応を感知したターロンIVに降り立った。彼らはそこで、かつて鳥人族文明がその場所にあったことを伝える遺跡の数々を発見し、謎のエネルギーが遺跡の地下に封印された隕石から漏れ出していることを突き止める。「フェイゾン」と名付けられたそのエネルギー物質には、生物を突然変異させる特性があることが分かったスペースパイレーツは、ターロンIVの生物をフェイゾンによって変異させる生物実験を始めるとともに、地下に封印されたフェイゾンの核となる隕石の入手を試みたが、封印の謎が解けず、隕石に近づくことができずにいた。そして、サムスの乗るスターシップのレーダーが、ターロンIVの軌道上に浮かんでいるスペースパイレーツの船を発見する。

GC版では、同時期に発売された『メトロイドフュージョン』とGBAケーブルを使い連動することで、初代『メトロイド』をプレイできる。


2009年2月19日には、Wiiリモコンとヌンチャクでの操作に対応した『Wiiであそぶ メトロイドプライム』が発売された。

関連商品

メトロイドプライム

メトロイドプライム

Wiiであそぶ メトロイドプライム

Wiiであそぶ メトロイドプライム

メトロイド プライム&フュージョン オリジナル・サウンド・トラックス

メトロイド プライム&フュージョン オリジナル・サウンド・トラックス

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ