メビウスの帯

メビウスの帯

(サイエンス)
めびうすのおび

裏面と表面とが交差している輪。ドイツの数学者 Johann Benedict Listing が1858年に発見した。ドイツの数学者、天文学者 August Ferdinand Möbius も同時に発見していたことが遺稿の整理の際に判明した。紙テープを一度ひねって繋げれば作れる。メビウスの輪とも。

cf. リスト::数学関連

ネットの話題: メビウスの帯

人気

新着

新着ブログ: メビウスの帯