メメクラゲ

(マンガ)
めめくらげ
  • 寡作な漫画家つげ義春の名作不条理漫画「ねじ式」の冒頭に出てくる。つげ氏の漫画は、映画「無能の人」などの原作にもなった。
  • 最初は「海に行って××クラゲに刺されてしまった」と書いてあったのだが、編集の方で勘違いをして「メメクラゲ」と誤植をしてしまったのが発端だった。
  • 作者のつげ氏は「ま、作品には関係ないからいいや」とそのままにしてあったのだが、漫画評論家たちは『この不条理作品は文学的な香りがする。特に冒頭に出てくるメメクラゲと言うのが色々な想像力をかき立ててくれるのだ』などと勝手に深読みをした。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ