メモリ効果

メモリ効果

(サイエンス)
めもりこうか

再充電可能な二次電池が持つ特性の1つ。完全に放電しない状態で二次電池の再充電を行うと、その時点での充電レベルを電池が覚えており、再度放電する際に、その充電レベルに達すると、電力は残っているにもかかわらず、電力供給が停止してしまうというもの。→ メモリー効果

新着ブログ: メモリ効果