モスマン

(動植物)
もすまん

UMAの一種。


飛翔する人間サイズのUMA。大型の鳥類ではないかという説もある。
類似するUMAとして、オウルマンなどが存在する。

起源

1960年代中頃、アメリカ、ウエストバージニア州のオハイオ渓谷一帯にて目撃されたと言われている。

特徴

  • 体長は一般的な人間より一回り大きい(2m程度?)
  • 一対の蛾に類似する大きな翼を持ち、高速飛行(400km/h程度?)が可能
  • 腕は持たない
  • 二足歩行が可能
  • 体は黒、灰色、ないしは褐色の体毛に覆われている
  • 異常に大きな一対の赤い眼を持つ
  • 夜間、発光する
  • 頭部の存在は確認されていない
  • 車などの高速移動するものに対して、奇声を上げて威嚇し追いかける
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ