モノリスソフト

モノリスソフト

(ゲーム)
ものりすそふと

コンピュータゲーム開発会社。
「ゼノサーガ」シリーズ、「バテン・カイトス」シリーズ、「無限のフロンティア」シリーズ、「ゼノブレイド」の開発元として知られる。
1999年10月、当時のナムコ(現・バンダイナムコゲームス)の出資で設立された。元スクウェアの高橋哲哉氏ら「ゼノギアス」の開発スタッフが所属している。
2007年5月、バンダイナムコゲームスが保有する株式80%が任天堂に譲渡され、任天堂の子会社となった。その後もバンダイナムコゲームスがモノリスソフトの株式16%を保有していたが、2011年には残りの株式も任天堂に譲渡され、任天堂の完全子会社となった。
2011年10月には、四条烏丸に京都スタジオを設立した。

ネットの話題: モノリスソフト

人気

新着

新着ブログ: モノリスソフト