ヤン・ファン・エイク

(アート)
やんふぁんえいく

(蘭: Jan van Eyck、1395年頃 - 1441年、ファン・エイク
初期フランドル派のフランドル人画家。主にブルッヘで活動し、15世紀の北ヨーロッパで、もっとも重要な画家の一人と見なされている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ