ヨルダン・ハシェミット王国

(地理)
よるだんはしぇみっとおうこく

[英] Hashemite Kingdom of Jordan
ヨルダン・ハシェミット王国は、ヨルダン王国の正式国名*1
ヨルダン
面積は8.9万km²、人口は604.7万人*2、首都はアンマン(Amman)。
言語は主としてアラビア語だが、英語も通用する。
宗教はイスラム教が93%、キリスト教等が7%となっている。
名前の通り、ハシム家を王家とする王国。
第一次世界大戦まではオスマン帝国の領土だったが、戦後(1919年)イギリスの委任統治領となり、さらに1923年にトランスヨルダン首長国*3となった。
第二次世界大戦後の1946年 トランス・ヨルダン王国 として独立した。
その後、トランス・ヨルダンが1948年にヨルダン川のトランス側じゃない方(西岸地区)を併合して、1950年 ヨルダン・ハシェミット王国 と改称した。

あまり資源に恵まれない小国であり、また国民の約7割((2009年4月現在))が[[パレスチナ人]]のため、きわめて舵取りの難しい国だったが、今日まで存続している。

歴代国王

  1. アブドッラー1世(Abdullah I)(1946年5月25日 - 1951年7月20日)
  2. タラール1世(Talāl I)(1951年7月20日 - 1952年8月11日)
  3. フセイン1世(Hussein I)(1952年8月11日 - 1999年2月7日)
  4. アブドッラー2世(Abdullah II)(1999年2月7日 - )


リスト::国家

*1:日本の外務省による表記。普通は「ハシミテ」と書く

*2:2010年世界銀行

*3:トランスジョルダン

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ