Hatena Blog Tags

ラティウム

(地理)
らてぃうむ

Latium(羅)


イタリアの中西部にある平野の名。ローマの近隣地域。イタリア語読みではラツィオ(Lazio)。
ローマ帝国発祥の地。もともとは名前の通り、ラテン語を話すラテン人たちが住んでいた土地である。
ラテン人たちは神話的にはトロイアの英雄アエネアス率いる元トロイの民と、先住のアボリギネス人を結合して生まれた民族である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

アプロディーテー(ウェヌス / ヴィーナス)8  アプロディーテーは,しばしば美の女神,愛の女神と称されるが,その機能の最たるものは,生殖と豊穣をもたらす力である.古典古代においては,動物の性衝動と,人間のそれとは同一のものとしてとらえられている.つまり人間の場合も,さらには神々の場合にも,恋心と性欲との両局面は区別されることなく,アプロディーテーの御業,すなわち力の顕われとして表現される.アプロディーテーへの讃歌解説/四つのギリシャ神話 逸見喜一郎・片山英男訳 岩波文庫

昨日から,アンキーセースとアプロディーテーの物語を取り上げています. このブログで引用しているギリシャローマ神話原典は,ホメーロス風讃歌第5歌アフロディーテー讃歌. 日本語訳としては,ホメーロスの諸神賛歌(沓掛良彦訳 筑摩書房)を用いましたが,岩波文庫からも翻訳書が出版されています. この翻訳文には,前書きとしてこの讃歌の解説が載せられています. 性愛の女神としてのアプロディーテーの役割,そして,アンキーセースとの恋物語の意味するものが,簡潔にまとめられています. 今日は,時間がなかったこともあり,この解説文をお借りして掲載して,明日につなげます. Anchises - Wikipedia ア…