ラプラスの悪魔

(サイエンス)
らぷらすのあくま

ラプラスの悪魔

全世界に存在するすべての原子の位置,運動量を知ることができるような悪魔
19世紀にフランスの数学者ラプラスにより提唱。
その様な悪魔が存在すれば、未来の出来事について正確な予想が出来ると考えられた。
しかし実際は、20世紀に不確定性原理が確立され、その後量子力学が完成し古典物理学からの飛躍的発展を遂げてからは、その様な悪魔が仮に存在したとしても、悪魔には完璧な予測をすることは不可能とされた。
現在では、量子の速度と位置は同時に把握することが不可能で、確率的なものとして表されると考えられている。

関連キーワード

ラプラス、不確定性原理、量子力学

* リスト:リスト::物理関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ