ランサローテ

(地理)
らんさろーて

Lanzarote

アフリカ大陸の北端にほど近いところの大西洋上に浮かぶ小島で、カナリア*1の名の由来となったカナリア諸島のうちの一島。同諸島の東の外れに位置し、属する国はスペインであるものの、アフリカ大陸のほうにより近い。

他のカナリア諸島の例に漏れず、長年にわたって繰り返された火山によって形成された島で、その陸地は荒野が多くを占める*2

無人島にあらず、幾らかの人々が暮らしている。

*1:この通りの名前で知られる例の鳥類。

*2:砂地と混ざったような荒野 → 写真:ランサローテの海辺の荒野と幼女 - 要するに草木が少ない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ