ランニングゲイル

ランニングゲイル

(スポーツ)
らんにんぐげいる

牡 青鹿毛 生年月日1994年3月2日 栗東・加用正厩舎 馬主・高橋秀昌 伊達・高橋農場生産
父ランニングフリー 母ミルダンス 母父Mill Reef

1997年弥生賞優勝、1998年道新杯優勝

ランニングフリーの数少ない産駒の中から、クラシック路線に乗ったことで話題となった。勝った弥生賞は武豊騎手の超ロングスパートの名騎乗のレースとして名高いが、このトライアルレースで手の内を明かしてしまったことが本番での惨敗の理由になったといわれている。
ちなみに武兄弟の東西同日重賞制覇としても、この勝利は話題となった。

リスト::競走馬

新着ブログ: ランニングゲイル