リアトリス

(動植物)
りあとりす

Liatris spicata spp.
リアトリス属
穂状花序をもつ
Liatris(リアトリス)は、ギリシャ語の「leios(無毛)+ iatros(医者)」が 語源、といわれている。
北アメリカ原産。大正末期に渡来。
葉っぱは細い。
茎はまっすぐに立つ。
夏から秋にかけて茎の先に開花。
もじゃもじゃの白やピンクの花。
上の方から咲き下る。

別名「百合薊(ゆりあざみ)」
「麒麟菊(きりんぎく)」
7月22日の誕生花(リアトリス)
花言葉は「向上心」
:植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ