リグーリア海岸

(地理)
りぐーりあかいがん

(伊: Riviera ligure リヴィエラリーグレ
イタリア北西部の地中海(リグーリア海リグリア海)に面する海岸。国際的に著名なリゾート地である。南フランスのニースから続く「リヴィエラ」と総称される海岸のうちイタリア側を指し、イタリアン・リヴィエラ(英: Italian Riviera)とも呼ばれる。

呼称

「リヴィエラ」という名称はイタリア語で「海岸」や「湖岸」を意味する"riviera"から来ている。リグーリア海岸のうち、現在のインペリア県のサンレーモ、ボルディゲーラなどが国際的な観光地として開発された時期に、その海岸地域が「リヴィエラ」の名で呼ばれるようになった。のちにその範囲がフランス側(コート・ダジュール)にも拡大されたことで、イタリア側を「イタリアン・リヴィエラ」と呼ぶようになった。

今日、リグーリア海岸と呼ばれる範囲は東にラ・スペーツィア湾東限のカーポ・コルヴォ(Capo Corvo)まで拡大されている。その結果、西はフランス国境から東はトスカーナ州との境界に近いラ・スペーツィアまで、リグリア州の海岸がほぼすべて含まれることとなった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ