リチャード・マシスン

(読書)
りちゃーどましすん

Richard Matheson
作家、脚本家

  • 1926年2月20日、アメリカ/ニュージャージー州アレンデール生まれ
  • 本名:Richard Burton Matheson

1954年の長編小説『吸血鬼』(後に『地球最後の男』と改題)でデビュー。ワン・アイディア的設定とニューロティックな心理描写が特徴だが、ファンタジー系にも幾つもの名作を発表している。映画やテレビ等に映像化された作品も多く、また自らも脚本家として携わった作品も多い。ロジャー・コーマンのエドガー・アラン・ポー映画化作品や、名作テレビシリーズ『ミステリー・ゾーン』の脚本などを手掛けている。
スティーヴン・スピルバーグとはテレビ時代からの付き合い。だが『E.T.』の脚本家として知られるメリッサ・マシスンについて、リチャード・マシスンの実娘との記載がたまにあるが誤記である(メリッサ・マシスンの綴りはMelissa Mathisonである)。
実の息子クリス・マシスンリチャード・クリスチャン・マシスンは、共に脚本家である。
2013年6月、死去。
amazon:リチャード・マシスン

主な小説

主な映画作品

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ