リッチー・ヴァレンス

(音楽)
りっちーばれんす

Richie Valens


古典ロックの名曲「ラ・バンバ」のオリジナルを歌った歌手。バディ・ホリーやエディ・コクランと同様、50'sを代表する伝説的ロックスター。
ヒスパニック系のメロディーをロックンロールに大胆に注入、スペイン語の響きがとても個性的。その歌声は郷愁を誘うメロディーラインもあってどこか悲しげ。その後の彼の運命を暗示しているようだ。
恋人ドナに捧げた可憐なバラード「ドナ」、メキシコ民謡をロックにアレンジした「ラ・バンバ」。この2曲はメキシコ系アメリカ人としては異例の大ヒットとなった。
ロックスターとして絶頂期にあったリッチー・ヴァレンス。ところがそんな彼に突然の悲劇が訪れる。
ツアー中であった彼は、「ペギー・スー」で知られるバディ・ホリー、「シャンティリー・レース」のビッグ・ボッパーと共に飛行機をチャーターする。しかし、3人の乗った小型のボナンザ機は、途中、雪と嵐に遭遇して、墜落してしまう。
この時、リッチー・ヴァレンスは17歳、あまりにも早すぎる死であった。
彼の人生は伝記映画「ラ・バンバ」(1987年)となっている。

amazon:Richie Valens

Very Best Of

Very Best Of

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ